ウェルネスダイニングのレビュー

糖質制限が必要な方にオススメの宅食とは

糖質やプリン体等、加齢につれて耳を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

実を言うと私もそのうちのひとりです。

30代最初の健康診断でまさかの尿酸値基準値オーバーと血糖値の高さを医師から指摘され、このままでは痛風になるか糖尿になるかもしくは両方という相当の岐路に立たされてしまいました。
医師から日々の生活を振り返るよう言われましたが、振り返るまでもなく原因は日々の不摂生です。

 

仕事によるストレスはどうしようもないことと思って諦めも付きますが、残業して帰ってきて寝る前の食事、残業がなくても居酒屋での暴飲暴食。
お腹周りも緩みはじめ、普段使いのズボンを買う時もついついゴムひものものを選んでしまうといった状態でした。食生活を変えなければ危険と分かっていても、コンビニ弁当ではついつい茶色いモノに惹かれてしまうし、かといって自炊する時間も暇もないのが社会人のツラいところです。そんな時、たまたまネットで見かけたのが個別宅食でした。

個別宅食とは・・・・

個別宅食とは、毎月、あるいは毎週など決められたスケジュールで食事を作って宅配してくれるサービスのこと。
いわば、毎朝の牛乳配達の代わりにお弁当を届けてくれるといったものです。確かに忙しい現代人には便利なサービスではありますが、主に2つの理由でついつい敬遠していました。
理由1つ目は、単価の高さ。2つ目はいわゆるデリバリーには宅配料金が掛かることでしょう。

ですが、調べていくうちにこの理由はほとんど意味をなさないことに気付きました。まず単価の高さですが、1食あたりの金額はおよそ600円前後です。
600円と言えば、牛丼屋ならなんとかなっても、定食屋では何か食べられるかどうかギリギリの値段です。お届け回数によって単価も下がるので、上手くすれば節約もできるでしょう。次に送料ですが、これはほとんど無視できる金額です。定期お届けコースなどの契約で700円程度の送料が半額になるなどのキャンペーンもあり、充分に検討する余地はあると感じました。

利用したのはウェルネスダイニング様の糖質制限メニュー

そこで、実際に糖質制限の宅食を利用してみることにしました。利用したのはウェルネスダイニング様の糖質制限メニューです。
このメニューは一食あたりの糖質が15グラム以下、カロリーでは240キロカロリー前後となるように毎日献立が変えられているようで、資料で見たものと同様の食事が届きました。
既に調理されており、レンチンやパックから出したそのままで食べられるとあってとても手軽でした。そして味の方ですが、当然ながら美味しいです。

糖質制限メニューということもあって多少は物足りないことも覚悟はしていたのですが、これなら続けられる範囲だと少なくとも私は感じました。
くわえて重要なのは、初回の一回だけは送料無料でお試しできるということでしょう。
口に合わなければそこで辞めればよいし、続けたいなら同封の資料への記入ですぐに続けられるため、非常に便利です。

ウェルネスダイニングで食生活を改善

結局、私はウェルネスダイニングを契約し、食生活を改善することにしました。初めて数日は少し物足りない感じもありましたがそれにもすぐに慣れ、わずかに腹の膨らみも落ち着いてきたように感じました。日々の不摂生を減らし、宅食に切り替え初めてから寝起きがよくなったりと健康面での意識も少しずつ変わってきているようです。もちろん心の変化はウェルネスダイニングのおかげではないでしょうが、健康を手に入れたいと思う私のような方には、宅食はこれ以上ない支えとなってくれることは間違いないでしょう。今から半年後の健康診断が楽しみです。

-ウェルネスダイニングのレビュー

© 2020 宅食・食事宅配の人気比較サイト Powered by AFFINGER5